未分類

子供を産むことに不安を抱えていたあの頃を思い出しました

赤ちゃん

こんにちは のおくれです。

昨日(9月13日)に長女が4歳の誕生日を迎えました。長女が生まれてから4年という月日が流れたわけで、早いなあと感じると同時に色々あったなあとも感じます。

娘が誕生した時は、本当に嬉しかったのを今でも憶えています。

大人になってから、ほとんど泣くことはなくなりましたが、子供の誕生はなんというか、言葉にできない程のうれしさと感動で、一目もはばからず、涙がこぼれて、人としゃべるのもままならなかったほどでした。

少しおおげさな表現かもしれませんが、世界が変わったとすら思いました。

仕事中も病院にいる妻と娘の事ばかりが頭に浮かび、ちゃんとおっぱいを飲めているだろうか?とか、妻の体調は順調だろうかなど、心配ながらも幸せという状態で。。。

退院してからも順調に育ってくれて、今日に至るまで大きな病気もなく、元気に育ち、私と妻に笑顔を与えてくれ家族というものの大切さを教えてくれました。

しかし、子供を産もうと決心するまでに、自分の中でのいくつか壁を乗り越えなければならず、不安と戦っていた当時を備忘録的に書いてしまいたいと思います。

劣等感からの不安

いまでこそ、だいぶ考えることはなくなりましたが、私は、自分自身にだいぶ他人に対して劣等感を抱えているようで、子供を作り、育てていくことに不安を感じていました。

なぜ劣等感を感じるようになったかは、はっきりとはわかりません。小学生の頃に受けたいじめのようなものが原因なのか、中学生の悪友から受けた仕打ちなのか、そもそも実家があまり裕福でなかったことに起因しているのか。

「他人と比べることに意味はない」とか、「自信を持て」なんて言われても、他人と比べてしまうから、自信が持てないから悩んでいるんです。

どうして、僕は皆と同じようにできないんだろう?

皆が簡単に、当たり前にできることがなんでできないんだろう?

と他人を羨んだり、妬んだりすることもありました。

知らない人と話すだけでも緊張するし、変な汗をかきます。特に女性は今でもあまり得意ではありません。

こんな自分が子供を育てて良いの?ちゃんとまっとうに育てられるのか、子供を同じ目に遭わせてしまったらどうしようか、などと考えていました。

 

金銭面からの不安

私は、大学を卒業後、司法書士の資格を取るため、20代半ばまで勉強をしながら契約社員として勤務をしていました。

やはり正社員でない分、年収は少なく生活面に不安があり、そもそも結婚できるのか?という不安も抱えていました。

今でも忘れられないのは、当時つきあっていた彼女(後の妻となる人)と旅行にいった先のホテルの朝食で、ふと窓の下を見ると大勢のスーツ姿の人が通勤をしている姿が目に入りました。

それを見て「みんな、立派に働いているなあ、それに引き換え俺なんか、、、」と自分を卑下し、彼女に申し訳ない気持ちになった事が今でも忘れられません。

結婚を意識し始めた頃に、司法書士の道は諦め正社員として勤務し、なんとか結婚までは至ったものの、子供を育てる為には相当なお金が必要になるのは分かりきっていましたから、貯蓄が少ない私にとっては金銭面は大きな不安材料でした。

不安は乗り越えられなくても

幸せ

色んな不安を抱えていましたが、子どもは私も妻も欲しいと考えていました。

私は妻には、子供を産み育てることに関してそれとなく不安を抱えていることは伝えていたと記憶しています。

金銭面の不安は話し合いましたが、劣等感からくる不安は多分打ち明けてなかったと思います。

きっと原因となるであろう事柄を話すのが、例え相手が妻でも、いや妻だからこそ恥ずかしかったのだと思います。

 

金銭面の不安も払拭しきれず、他の不安も未解決のままでしたが、それよりも、2人の子供が欲しいという気持ちに従って、今でいう妊活を進めていきました。

 

結果として、今では2人の子宝(古い?)に恵まれて、幸せに暮らすことができています。

兄弟(姉妹)ゲンカをしたり、夜になかなか寝つかなかったり、ぐずったりして、手を焼くこともしょっちゅうありますが、それでも子供は本当に、本当に愛おしいです。

 

そして多分、この先、不安はずっとついて回るのだろうと思います。

お金の不安はつきないですし、自分の劣等感も完全には消えてなくなる事はないですが、それでもこの子達が生まれてきてくれて、またこれから得られるであろう幸福感を考えると、私なりに頑張っていこうと、闘っていこうと思えます。

 

みんなで仲良く、そして、幸せに暮らせるように

 

4才の誕生日を記念して、心から愛をこめて

ABOUT ME
ノークレ
山口県在住の30代会社員です。 妻と二人の娘(4才と2才)がおり、仕事に育児にと目まぐるしい日々を送っております。 このブログでは、主に山口県の観光・グルメを中心に投稿していこうと思ってます!(たまに関係のない記事もありますが。。。) 地元の方はもちろん、県外の方にも山口県のことを知ってもらい、興味を 持って頂ければ幸いです! ちなみに名前に使っている「ノークレ」は、山口県の方言で”のうくれ”=「怠け者、のらりくらりした人」という意味なんです。