下松市のおススメ

下松市の「炎の中華食堂」は王将ファンにも納得の味と価格でした!!

こんにちはノークレです(^o^)

下松市に新しく中華のお店が出来たので行ってみました〜!

その名も、「炎の中華食堂」

2019年1月8日に、元々、「餃子の王将 下松店」があったところにオープンされました!

餃子の王将のオーナーだった勝猛さんが独立して開業されたとのこと(^o^)

それでは早速いってみましょう!

情熱中華食堂 営業時間など

店名 炎の中華食堂(ほのおのちゅうかしょくどう)
所在地 山口県下松市望町5−5−1</td>
営業時間 11:00〜23:00
定休日 毎週火曜日
駐車場 約40台
座席数 カウンター 8席 テーブル席60席

炎の中華食堂へ行ってみました〜 メニューなど

炎の中華食堂 外観1

外観です

カウンターの様子

餃子の王将と全く同じ造りです

まあ、前のレイアウトをそのまま使われているので当然といえば当然ですが😅

 

座席に案内され、着席してメニュー表を拝見

基本メニューです😁

やはり、目に入るのは金の延棒餃子 199円!

しかも皮や餡はこだわりの自家製!!

また、餃子の皮や餡だけでなく、スープや麺も自家製なんだそう😃

 

からの、セットメニュー表

餃子の王将と同様にセットメニューは豊富にそろえてあります!

(いっつも迷っちゃうんですよね!)

餃子は外せないし、焼き飯も食べてみたいので、ちょっと高めですが、焼き飯セットを注文することに!

いざ、焼き飯セット 実食!!

焼き飯セット(多分、焼き飯大盛りにしてます。。。)

金の延棒餃子も美味しそうです!

 

まずは早速、餃子から頂きましたが、外はパリパリ、中の餡もジューシーで、これでこの値段(199円)は、破格の安さだと思います。

ボリュームも餃子の王将よりも食べごたえがあったかなと😊

焼き飯も、味付けは濃すぎず、ちょうどよい味付けでしたよ〜

油淋鶏もカラリと揚げられた衣に、甘酸っぱいタレが程よく絡んで、食欲が刺激されます!!

 

あー、これで862円はリーズナブルとしか言えません😋!!

 

まとめと感想

いかがでしたでしょうか!

餃子の王将 下松店の閉店により王将ファンにとっては山口市か岩国市に行かなければならなくなりました😫

が、この「炎の中華食堂」があれば、王将ファンの方もきっと満足できるのではないでしょうか!?

少なくとも、私は王将ロスにならずにすんでいます笑

また下松市の他にも下関や宇部、島根県の松江や出雲のも姉妹店があるそうなので、近くで中華をご希望の際は寄ってみてはいかがでしょうか??

それでは本日は以上です。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!!

 

関連記事>>>下松市の台湾料理店「喜楽苑」!日替わりランチのクオリティが高い!

【山口周南店】敦煌で中華のバイキングランチを楽しもう!

 

ABOUT ME
ノークレ
山口県在住の30代会社員です。 妻と二人の娘(4才と2才)がおり、仕事に育児にと目まぐるしい日々を送っております。 このブログでは、主に山口県の観光・グルメを中心に投稿していこうと思ってます!(たまに関係のない記事もありますが。。。) 地元の方はもちろん、県外の方にも山口県のことを知ってもらい、興味を 持って頂ければ幸いです! ちなみに名前に使っている「ノークレ」は、山口県の方言で”のうくれ”=「怠け者、のらりくらりした人」という意味なんです。