下松市のおススメ

【下松市 山小屋】とんこつ筑豊ラーメンがメチャ旨!黒ラーメンの香味がヤミツキ必至です!!

こんにちはノークレです。

本日は、九州筑豊ラーメン山小屋 下松清瀬店をご紹介したいと思います。

筑豊ラーメンって、山口県では山小屋さん以外であまり見ることはないかな?

(調べてみたところ筑豊ラーメンって、豚骨ベースに醤油や魚介ベースのタレを加えたものらしいです)

でも、しっかり、、いやむしろがっつり豚骨なので、豚骨ラーメン好きにはおススメのお店ですよ!!

それでは、早速いってみましょう!

山小屋 下松清瀬店の営業時間など

名称 九州筑豊(キュウシュウチクホウ)ラーメン 山小屋 下松清瀬(ヤマゴヤ クダマツキヨセ)店
所在地 〒744-0071 山口県下松市清瀬町2丁目8−10
営業時間 11:00~24:00
定休日 木曜日
連絡先 0833-41-9740
座席数 44席
駐車場 有り 約10台
備考 トイレが店舗の外

 

山小屋の特徴

豚骨スープは、余計なものを一切加えず素材は豚骨のみを使用。これを創業からの秘伝の製法で白濁になるまでじっくりと炊き出し、豚骨の持つ旨みと深みのあるスープが出来上がります。当店では出来立ての豚骨ラーメンの美味しさをお客様に味わっていただきたく、スープは各店で仕込むことにこだわっています。

麺のおいしさも山小屋の自慢のひとつです。
本社工場で一貫生産し、長時間じっくりと熟成して製造します。小麦粉は中華麺に最適といわれるオーストラリア産の「プライムハード」を中心に、当社独自のブレンドを使用。ほど良いコシとノドごし感を作り出すことに成功しました。また、調理の際、ゆでるタイミングや温度にも気を配ります。おいしさの秘密はここにもあります。

当社の焼豚は上質の豚バラ肉に限定しています。
白身肉とも呼ばれる脂身が多い上質の豚バラを手間ひまかけて作る焼豚は、熟練スタッフの長年培ってきた技が光る逸品です。やわらかく旨味をとじこめたチャーシューはスープに合わせると相乗効果でさらに旨味が広がります。

出典:「九州筑豊ラーメン 山小屋」公式HPより引用

山小屋 下松清瀬店に行ってきました!

外観・内観

外観は、なんとなくガソリンスタンド跡を利用されたのかな?という雰囲気です。

駐車場は10数台停めれそうです。

トイレが店舗の外にしかないので、お子様連れの方はトイレを済ませてから入店される方が良いと思います!

中は、カウンターや座敷、テーブル席もあり、昔ながらのラーメン屋さん的なスタイル

最近のジャズとかが流れてて、照明にも凝ってます的な雰囲気とは違い、どこかホッとする感じが良い!!

(美容室とかもちょっと苦手なんですよね、なんかお洒落過ぎて落ち着かないというか。。。)

メニュー

期間限定のメニューとして

柚子胡椒を愛してやまない私からすると、気になって仕方がないのですが、あまり冒険もしない主義なので、今回はスルーさせていただきました。。。。

(誰か感想聞かせて下さい!!)

 

ちょっと気になったのが、定番のメニュー表の商品がどういうラーメンなのか書かれていた方がわかりやすいかもしれないですね!

黒ラーメン&小ライスを頂きました!

黒ラーメンはとんこつベースに、香味油と香味野菜を加えて風味と少し辛みがあるのが特徴です!!

山小屋さんのノーマルのラーメンもとても美味しい(博多、長浜系より濃い目のとんこつ)ですが、黒ラーメンも負けず劣らず大好きなんですよね〜

黒ダレの香味がクセになって、定期的に食べたくなってしまいます!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

結構パンチのある豚骨ラーメンで、私はかなり好みですよね〜!

店内は、豚骨の香りがするので苦手な方は、ちょっと気になるかもしれません。

私のようにラーメンといえば豚骨!みたいな豚骨好きにはコレがたまらないんですけどね笑

また、定期的に麻辣とか柚子など、期間限定商品を出されているので、食べ比べてみるのも面白いと思います!

 

それでは、本日は以上です!

最後までご覧頂きありがとうございました!

ABOUT ME
ノークレ
山口県在住の30代会社員です。 妻と二人の娘(4才と2才)がおり、仕事に育児にと目まぐるしい日々を送っております。 このブログでは、主に山口県の観光・グルメを中心に投稿していこうと思ってます!(たまに関係のない記事もありますが。。。) 地元の方はもちろん、県外の方にも山口県のことを知ってもらい、興味を 持って頂ければ幸いです! ちなみに名前に使っている「ノークレ」は、山口県の方言で”のうくれ”=「怠け者、のらりくらりした人」という意味なんです。