【山口県 予備車検】実際に受けてきたので流れを詳細にご紹介します!

こんにちはノークレです!

本日は、㈲湯田予備車検場さんで予備車検を受けてきましたので、予備検査とは?といった所から、予備検査を実際に受けてどんな流れだったかをご紹介します!

山口県で予備検査を利用したいと考えてらっしゃる方は、湯田予備検査場さんがオススメですよ!

それでは早速いってみましょう!

予備検査って何??

予備検査とは

調べてみた所、民間の業者が実施している車両の異常の有無を調べる検査で、予備検査には2種類あって、

①ナンバープレートの無い中古車が受ける予備検査

②通常の車検をスムーズに通過させるための予備検査(テスターとも言われるそうです)

があります。

今回は②の車検前の予備検査なので、この記事ではの予備検査は②の意味で使用しますね〜。

 

予備検査は受けなくても問題はありませんが、ユーザー車検を受けるのが初めての方や、不安な方は受けた方が良いかと思います。

予備検査のメリット・デメリット

まずメリットとしては

①担当の方が「本番では、こんな風にして下さいね〜」などアドバイスをしてくれたり、事前に不具合がある箇所を教えて交換してくれる!

②予備検査を受けたし、車検本番も大丈夫!!という心の余裕が持てる!

特に、初めてユーザー車検を受ける&小心者の私としては、安心料ということで②の効果が大事かなと(^^)

次にデメリットとしてはやはり、お金がかかるということでしょう!

もちろん無料ではないので、いくらかはかかります。

 

お店によってまちまちですが、概ね3000円〜5000円といった相場のようです

ユーザー車検の一番の魅力はやはり車検が安く済む!ということだと思いますので、そのメリットが薄まってしまう為、慣れている方はいきなり本番に行かれるようです。

 

湯田予備車検場の営業時間など

名称㈲湯田予備車検場
所在地〒753-0821 山口県山口市葵1丁目3447−1
営業時間平日 6:30〜17:00

土曜日 8:00〜12:00

定休日第2土曜日、日祝日
連絡先083−924−3830
公式HP㈲湯田予備車検場

実際に利用してみました!

山口運輸支局の対面にあり、入り口は、「湯田予備車検場」と横並び文字で書いてある看板の下から入ります。

入り口が分からない私が、不審にウロウロしていると、検査員らしき方と目が合い、

「どちらで申し込み手続きをしたら良いですか?」と尋ねると、

「申し込みは要りません。そのまま車でレーンに入って来て下さい(^^)」とのこと。

 

 

えっ!?

良いの?

受付とかで手続きして「順番来たらお呼びしますねー」「分かりました。(内心ドキドキ)」とか要らないの??

(てか、当方、初めてで、、、まだ、心の準備が。。。)

 

そうこうしているうちに、

「オーライオーライ、そのまま〜、まっすぐ〜」

的に誘導がされ、あれよあれよという間にレーンに載せられ、簡単に流れ的な説明を受けて始まります。

テンパったまま始まったので記憶が不確かですが、始めに灯火類(ウィンカーやライトなど)を指示に従って点けたり消したりして、フォグランプの点け方が分からず、さらにテンパって。。。

そのまま次へ、誘導され、次はアクセルを踏み、40キロまで上げた所で合図としてライトを点ける作業をしました。

また次の箇所では、レーンの下に担当の方が待っておられ、その上で停止して、ハンドルを右に切ったり左に切ったりして、下から担当の方がカンカンと何かで何かを叩いて何かを検査されてました。(何をされていたのか全く分かりません 笑)

 

 

これで検査は終了です!

本当にあっという間でした!

体感的にはものの4、5分といったところでしょうか?

特に直す箇所がなかったというのもありますが、検査の方が手慣れていて流れ作業のようにトントンと進んでいきます。

最後に空きスペースに停車して、案内された会計所でお金を支払います。

私は3460円でした。料金は上に記載している公式HPに記載されていますので、詳細はそこで確認してくださいね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか!

とにかく初めは分からないことだらけで、若干不安でしたが、検査員の方がとても優しく、スムーズに検査を進めてくれたので、無事に終わりました!

担当された方、フォグランプの点け方も分からず本当にすみませんでしたm(_ _)m

 

もし山口県で車検前の予備検査をしたいと考えてらっしゃったら、湯田予備車検場さんはオススメですよ\(^o^)/

 

 

それでは本日は以上です!

最後までご覧頂きありがとうございました!!

 

関連記事>>>【写真付】自動車検査インターネット予約システムの登録手順を解説!

 

コメント